薄毛対策

薄毛対策【男性の抜け毛を改善する方法】

MENU

薄毛を改善する方法

抜け毛の原因におうじた育毛剤を使うことが薄毛の改善には欠かせません。
育毛剤には血流改善、細胞の活性化、炎症抑制、ホルモン対策などが効果があります。

 

 

髪の毛が成長するのはPM10:00〜AM2:00と言われています。この時間には睡眠を取ることをおすすめします。
寝ている間に血液は毛根の細胞に送られ、髪の毛派は成長します。睡眠時間をしっかり取ることが抜け毛対策では非常に重要です。

 

 

薄毛、抜け毛は遺伝が原因だと言われています。
男性ホルモンの分泌量、毛乳頭内の5αリダクターゼの量、感受性などは遺伝によってある程度決まっています。
両親が薄毛でないとしても、両親の兄弟などが薄毛の場合、薄毛になる可能性は十分あります。

 

 

 

 

男性の薄毛の多くは進行型の薄毛です。何もせずに放っておくと、どんどん薄毛が進行します。
頭頂部や生え際の髪の毛は成長期が短くなり、産毛のようになります。はやめに抜け毛の原因となる脱毛因子の働きを阻害する事が大事です。

 

 

男性の薄毛は生え際、M字ハゲ、頭頂部の薄毛がほとんどです。
これらは男性ホルモンと特殊酵素5αリダクターゼによって生成されるDHTが大きな要因です。
DHTを抑制する事が抜け毛改善、育毛には非常に重要です。育毛剤やサプリ、ミノキ、フィナなどを使う事が薄毛対策のポイントです。

 

 

 

マッサージは育毛に有効です。特におすすめなのはツボを指圧するマッサージです。
百会、風池、天柱などのツボを刺激することで血流は改善します。栄養分を毛乳頭までしっかり届け、髪の毛の成長、抜け毛の改善をサポートします。

 

 

 

喫煙は血管の収縮につながり、育毛にはよくありません。飲酒は適度なら問題ありませんが、飲み過ぎると肝臓に影響を与えるたため、髪の毛に必要な栄養が十分に取れなくなります。薄毛は男性ホルモン、遺伝的な要素が大きいのは間違いありませんが、日々の生活習慣の改善も重要です。

 

 

 

10代の薄毛の多くは円形脱毛症です。円形脱毛症はストレスからくるリンパの暴走です。
アトピーの人にも多い傾向があります。10円くらいのコイン状にキレイに抜け落ちます。自然に治る事がほとんどです。
気になる場合は皮膚科でステロイドなどを処方してもらう事も可能です。

 

 

 

薄毛対策では毛母細胞の働きが重要です。ヘアサイクルの乱れは毛母細胞の働きの低下によるものです。
血流改善、男性ホルモン対策を行うことが肝心です。
センブリ、ニンジンなどの生薬を使った育毛剤、ノコギリヤシ配合のサプリなどでヘアサイクルを長くする事がポイントになります。

 

 

 

 

睡眠不足で肌が荒れるように、髪の毛にもよくありません。
血行不良によって栄養分が細胞に行き渡りません。また食生活も髪に影響を及ぼします。
タンパク質やビタミンをしっかり取ることでが重要だと考えられます。

 

 

 

 

 

AGAとは男性型脱毛症を省略したものです。爆笑問題のCMで知られるようになりました。
最近では頭髪専門クリニックも増え始め、プロペシア、ミノタブの処方、レーザー治療なども取り入れています。自由診療の為、診察料や薬代はそれなりにかかります。

 

 

 

男性の脱毛症対策ではミノキシジル、プロペシアなどによる医薬品での対策が有名です。
ミノキシジルは薬局などで買える血流改善作用のある塗り薬、ホルモンに働きかけるプロペシアは医師によって処方される内服薬です。

 

 

 

髪の毛には毛周期があります。成長期、退行期、休止期と呼ばれ2~5年で髪は生え変わります。男性の薄毛は成長期が短くなる症状がほとんどです。
そのため、退行誘導因子と呼ばれる脱毛因子を阻害する事が重要です。育毛剤、ノコギリヤシサプリ、フィナステリドなどが使われます。

 

 

 

 

頭頂部の薄毛は血行不良などが大きな要因です。血流が悪いと毛乳頭に栄養分が満足に送ることができなくなります。
血流を改善するには育毛剤、ミノキシジル等を使用します。それから頭皮にシワを作るようにマッサージをするようにします。
男性ホルモン対策としてはノコギリヤシのサプリやフィナステリドを用いる事で抜け毛を予防するのが育毛対策として最適です。

 

 

薄毛対策と生活習慣

育毛には規則正しい生活も重要です。偏った食生活、タバコ、お酒などは薄毛の要因になります。
また、しっかり睡眠をとり、精神的なストレスを軽減する事も重要です。あとは適度な有酸素運動をすると、肺活量があがって血行も改善します。

 

 

薄毛対策にストレス改善は欠かせません。仕事、人間関係などでストレスがないという人はほとんど居ません。
出来るだけストレスを蓄積しないことが薄毛対策には有効です。
睡眠、運動、趣味、気を使わない人とのコミュニケーションなどでストレスを解消する事をおすすめします。

 

 

 

薄毛対策には育毛剤、シャンプー、生活習慣などがあり、様々な知識を取り入れて自分なりの薄毛対策をしてもなかなか薄毛が改善ない事も多々有ります。
その場合、頭髪専門クリニックなどで一度相談する事で、違った方法が見つかる事もあります。

 

 

育毛にはシャンプー選びも重要です。刺激が強いシャンプーは頭皮がすっきりとしますが、脱脂力が強いため、皮脂の過剰分泌を招きます。
その結果、炎症や毛穴づまりによって髪の毛の成長力が低下します。育毛対策にはアミノ酸洗浄成分のシャンプーで優しく頭皮を洗うことが大切です。

 

 

皮膚科や頭髪治療クリニックで治療を受けるにあたり、問題
になるのが治療にかかる費用です。薄毛、抜け毛治療は自由診療で保険が効きません。診察費や薬代はかなり高額になることが普通です。

 

 

5人に1人が悩む薄毛ですが、男性の薄毛は髪の毛の数量が減少する前に、細い産毛が増えてきます。
そのために頭皮が透ける状態になります。男性ホルモンが関係し、ヘアサイクルが短くなります。原因となる退行誘導因子を阻害する事が非常に大切です。

 

 

薄毛には生え際から薄くなるタイプと頭頂部が薄くなるタイプがあります。
生え際の場合は男性ホルモンの影響が非常に強く、プロペシアなどの内服薬を取り入れる事をおすすめします。
頭頂部の場合は血流改善作用のある育毛剤やりアップなどがお勧めです。

 

 

薄毛は遺伝、男性ホルモンの分泌といった体の中で起こる作用が大きな要因です。
女性ホルモンは髪の毛の成長を促進する働きがあります。
男性ホルモンの多い人は毛乳頭内で特殊酵素5αリダクターゼの影響を受けて抜け毛を引き起こす可能性が高くなります。

 

AGAと薄毛治療

AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、進行型の薄毛です。
最近では20代、30代でもAGAに悩む男性は増えています。

 

 

AGA治療ではDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する事が非常に重要です。
DHTは男性ホルモンと特殊酵素によって生成されます。さらに、DHTは毛乳頭内でレセプターと結合し、
脱毛因子をどんどん生成し、髪の毛の成長力が低下し、薄毛になってしまいます。

 

 

 

 

このDHTを抑制するための治療薬がプロペシアです。
プロペシアには男性ホルモンに働きかける特殊酵素の働きを阻害する作用があります。
特殊酵素を阻害することでDHTの生成を抑制し、抜け毛を抑えます。

 

プロペシアは皮膚科や薄毛治療クリニックで処方しています。
目安は28錠で7500円程度です。

 

抜け毛を抑えるためには取り入れたい治療薬です。

 

 

ただプロペシアの副作用として、性欲減退などの副作用が数%報告されています。
これは自覚症状のレベルで、日常生活への影響はない程度です。

 

 

後は女性のプロペシアの使用は禁止されています。
特に妊娠している女性にとって、胎児に影響がでる可能性があります。

 

 

フィナステリドが抜け毛を抑え作用、すなわち現状維持の効果があります。

 

 

さらに髪の毛の成長を促進するためには毛乳頭と毛母細胞を活性化する必要があります。
AGAの薄毛治療ではミノキシジルを使用します。

 

ミノキシジルはリアップと呼ばれる外用薬が有名です。
リアップは血管を拡張する作用があります。血管の拡張作用で、毛乳頭に栄養をしっかり送り、
毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化をしっかり促進。髪の毛の成長を促進します。

 

 

ミノキシジルには外用薬だけでなく、内服薬もあります。
内服薬は薄毛治療クリニックなどで処方されています。

 

こちらは血液検査などを受けたあと、安全性をしっかりと確認し、医師が処方しています。

 

ミノキシジルタブレットは外用薬よりも強い血管拡張作用があり、
毛乳頭にしっかりと栄養を届ける作用があります。
低血圧の人や心臓の治療を受けている人は医師にしっかり確認する必要があります。

 

 

AGAクリニック 名古屋
名古屋でおすすめの薄毛治療クリニックに着いて紹介。

 

 

更新履歴